鈴木義和研究室 卒論・修論・予稿等作成時のチェックポイント(よくある間違い事例集)
要修正の表記・読み方 修正後の表記・読み方 コメント、なぜ修正するのか
諸言 緒言 読み方は「しょげん」です。毎年一人は言偏で書く人がいますので要注意! 誤用率No.1
浸漬(しんせき) 浸漬(しんし) 最近は、「しんせき」という慣用読み(?)も普及しつつありますが、鈴木研では「しんし」で統一しています。口頭発表の時は意識しましょう。「しんせき」、が正しいと信じている人も多く、また、言語は時代とともに変化していますので、他研究室の人が「しんせき」と読んでいても、気にせずスルーしてください。
焼結体を作成 焼結体を作製 サンプルや装置では、通常、「作製」をつかいます。
スライドを作製 スライドを作成 文書やプレゼンなどにつかいます。モノの場合も、日常的で簡単なものであれば「作成」を使うことがあります。
混合粉末を調整 混合粉末を調製 prepareやmanufactureするものは調製です。作製に近いですが、作製よりは簡単なイメージ。AとBを混ぜる、といった単純な操作の場合には、作製よりも調製がしっくりきます。
pHを調製 pHを調整 adjustやmodulateするものは調整です。時計を合わせるときやスケジュールも、「調整」ですね。
20℃ 20 ℃ 英文で「℃記号」の前に半角スペースを入れるかどうかは、論文誌・学会誌ごとに取り決めがあります。セラミックス分野では、J. Am. Ceram. Soc.では2020年現在も半角スペースを入れていませんが、J. Ceram. Soc. Jpn.では2019年度からスペースを入れることに統一しました。なお、ISO(国際標準)では半角スペースを入れることが推奨されています。
和文の場合は、そもそも数字と単位の間にスペースを入れるべきかどうかの規定があいまいなため、少なくとも文章単位で統一するようにしましょう。学術文書では、横書き和文の場合も英文に倣って、半角スペースを入れる場合が増えつつあります。
XRD spectra
XRD spectrums
XRD patterns 研究室で使っている角度分散型の(普通の)X線回折装置(横軸が2θのもの)では、幾何的に回折角を変化させて測定していますが、X線の波長、波数、エネルギー等は 変化せずに一定なので、出力されるデータセットは、「スペクトル」ではなく「パターン (図形)」です。やや古めの論文では、ロール紙にプロッタ印字していましたので、「XRD charts」という表現も出てきます。
角度分散型ではなく、波長分散型のX線回折であれば、XRD spectraという表現もあり得ますので、機械的に間違いとは判断しないようにしましょう。
なお、 spectrumsという複数形綴りは現在では間違いではないのですが、ラテン語系の英単語の場合はspectraと綴るのが正式です。(datum, dataと同じ)
Shimazu Shimadzu メーカー等の固有名詞は、必ず公式Web等で表記を確認しましょう。
Toso Tosoh メーカー等の固有名詞は、必ず公式Web等で表記を確認しましょう。
Spiro-OMeTAD Spiro-MeOTAD どちらも広く使われており、どちらも間違いではないのですが、鈴木研のこれまでの論文の多くがMeOTADの順にしています。(岡野君の論文ではOMeTADでした) 少なくとも同じ論文の中では統一するようにしましょう。
Fig. 1 and 2 Figs. 1 and 2 複数の図に言及する場合、Fig.という省略形を使う場合は、Figs.にしましょう。
Copyright (c) 2011-2020 Yoshikazu Suzuki Laboratory, University of Tsukuba