Home

当研究室では、トポロジーと強相関という視点から量子物質の開発を行い、新しいエレクトロニクス・量子機能性を開拓することを目指しています。具体的には遷移金属化合物を中心に物質合成を行い、精密物性測定(抵抗率、磁化率等)や先端スペクトロスコピー(テラヘルツ・赤外分光、軌道放射光X線散乱)によって新しい電子・磁気・光物性を見出すことを目指しています。最近はトポロジカル半金属の金属絶縁体転移(モット転移)、磁性、熱起電力、ダイナミクスに興味を持って研究を進めています。
2018年4月に発足した新しい研究室です。

Welcome

  • 藤岡研究室では「新物質開発」と「物性測定」をキーワードとしています。新しい物質を作って、その物性を測ることで新しい現象の開拓とその背後にある物性物理を探究します。作って、測って、考えることで未知の現象を世界で始めて見つけられる楽しさがあります。
    研究室見学は随時受け付けています。お気軽にお問い合わせ下さい。

  • 固体物理学B (学部生対象)、専攻実験(学部生対象)、電磁気学I(大学院)を担当します。

ニュース

  • 2020年 4月  卒論生の阿部君、吉澤君が研究室配属されました。
  • 2020年 2月  卒論発表会がありました。風間君、西山君お疲れ様でした。
  • 2019年12月  藤岡が筑波大学若手教員奨励賞を受賞しました。
  • 2019年12月  藤岡が日本物理学会若手奨励賞(領域8)を受賞しました。