教授

長崎幸夫



↓最近のレビュー

展望_高分子によるナノメディシンの世界

H26筑波大学連携プロジェクト報告書(H28年度)

高分子展望SI(2017年9月号)

Amazon Kindle版

kakenhi報告書

基盤研究(S)中間報告書_Long_version

igaku

医学のあゆみ

kagaku

化学と工業

TK

現代化学

H26筑波大学産学連携プロジェクト報告書

Bio.png

バイオマテリアル

human

ヒューマンサイエンス振興財団

140329a

医科学応用研究財団研究報告2012.111_113

liaison

H25産学連携プロジェクト報告書

laser

NO発生ナノ粒子

kakenhi報告書

基盤研究(A)報告書

liaison

H24産学連携プロジェクト報告書

Video_Abstract

yakuzai

第49回薬剤学懇談会研究討論会要旨

TARA

TARAプロジェクト最終報告書


Polym.J.

Thereutic Delivery 

高科の進歩 

高科の進歩-Supporting Iinfo-
 
プラズマ

電子スピン
 
ChemLett

へそ曲がり 
 
古くて新しいバイオインターフェイス

gishi

日本技師会_北海道支部

  ●略歴

北海道岩見沢市出身

1978年 北海道立札幌南高等学校卒業

1982年 東京理科大学工学部工業化学科卒業

1984年 同大学院工学系研究科工業化学専攻修士課程修了

1987年 同博士課程修了し工学博士を取得

1987年 東京理科大学工学部助手

1989年 東京理科大学基礎工学部助手、講師、助教授、教授(2004年9月まで)

      材料工学科

2004年 筑波大学大学院数理物質科学研究科教授

      物性・分子工学専攻

2004年 筑波大学学際物質科学研究センター・兼任(融合物性生命コア)(2011年3月まで)

2006年 筑波大学先端学際領域研究センター・ナノロジーアスペクト・長崎プロジェクト プロジェクトリーダー・兼任(2011年3月まで)

2007年 筑波大学大学院医科学研究科・教授兼任

     フロンティア医科学専攻

2007年 東京理科大学総合研究機構・客員教授兼任(2011年3月まで)

     ポリスケールテクノロジー研究センター

2007年 独)物質・材料機構国際ナノアーキテクトニクス研究拠点・主任研究員兼任(2017年3月まで)

     国際ナノアーキテクトニクス研究拠点
2011年 筑波大学プレ戦略イニシアティブ 研究代表者(2014年3月まで)

2013年 筑波大学アイソトープ環境動態研究センターアイソトープ基盤研究部門兼担

 

 ●非常勤講師

2007年2月17日-18日 大阪大学臨床医工学研究教育センター 「臨床医工学スキルア ップ講座」
2008年4月1日-2009年3月31日 広島大学大学院工学研究科 「応用化学特別講義」

2008年5月13日東京理科大学基礎工学部材料工学科 「展望」
2008年10月24日岐阜薬科大学大学院特別講義「安定なフリーラジカルを有するナノ 粒子の設計と酸化ストレス消去剤としての評価」
2009年 5月14日 東京理科大学基礎工学部材料工学科 「展望」
2011年1月27日 名古屋大学大学院工学研究科マテリアル理工学専攻特別講義 「生体機能材料の設計と機能」
2012年5月23日 東京理科大学大学院理工学研究科工業化学専攻特別講義1「高分子ナノ生体機能材料」

2013年4月-9月 九州大学大学院

2013年5月22日 東京理科大学大学院理工学研究科工業化学専攻特別講義1「高分子ナノ生体機能材料」

2013年10月-2014年3月 東京工業大学大学院総合理工科学研究科

2014年10月23日 名古屋市立大学・名古屋工業大学共同大学院共同ナノメディシン学専攻特別講義「バイオインターフェースの構築と評価」


 ●特別講演
2006年10月11日-12日 東京工業大学生命理工学部東工大バイオ計測研究会 「高感度 センシングのためのバイオインターフェースの構築と機能」
2007年1月29日 文部科学省科学研究費特定領域研究「ライフサーベイヤ(神原秀樹代 表)」 大4回特定領域公開シンポジウム 「生体環境下で機能するバイオインターフ ェースの設計と機能」

2009年11月9日 金沢大学「ナノゲルによるオリゴ核酸デリバリー」

2009年11月12日東京女子医科大学先端生命医科学研究所 「バイオマテリアルにおけるPEG関連技術」
2010年9月24日 関西大学化学生命工学部特別講義 「酸化ストレスは万病のもと-活性酸素を消去するナノ粒子による最先進治療-」
2010年10月1日 バイオジャパン 「抗酸化ストレス能を創り込んだナノメディシンの創出
2011年8月10日 「レドックスナノメディシンの特徴と機能」フリーラジカルスクール、館山
2011年9月
19-24日 「SELF-ASSEMBLING REDOX POLYMER DRUG FOR ANTI-OXIDATIVE STRESS INJURY」, 2nd International School - Nano2011. Nanomaterials and Nanotechnologies in Living Systems. Safety and Nanomedicine., Moscow Region, Russia (2011).

2013年6月21日 「Redox Polymer Therapeutics」、アストラゼネカスウェーデン研究所(Molndal, Sweden)

 

 学外委員等

1986年6月 高分子学会関東高分子若手研究会世話人代表(昭和62年5月まで)
1997年5月 高分子学会「高分子」編集委員(平成11年5月まで)
1999年8月 マイクロマシン財団「マイクロマシン技術との融合化による遺伝子治療の高度化可能性に関する調査研究」調査委員(平成12年3月まで)
2000年4月 日本化学会関東支部評議員(平成14年3月まで)
2000年5月 高分子学会関東支部千葉地区活動幹事(平成14年5月まで)
2000年6月 高分子学会関東支部理事(平成14年5月まで)
2000年8月 日本化学会主催「夢・わくわく化学展2001」担当委員(平成13年8月まで)
2001年5月 高分子学会第50回高分子討論会運営委員(平成13年9月まで)
2001年6月高分子学会「高分子論文集」編集委員(平成15年5月まで)
2001年9月 高分子学会第51回高分子年次大会運営委員(平成14年5月まで)
2002年4月 バイオマテリアル学会評議委員
2002年10月 ナノバイオ融合テクノロジー国際シンポジウム」実行委員会委員(平成15年年3月まで)
2002年10月 日本学術振興会科学研究費委員会委員専門委員(平成16年3月まで)
2003年6月 高分子学会関東支部理事(平成16年9月まで)
2004年3月 日本化学会速報誌編集委員(平成19年3月まで)
2004年6月 高分子学会研究推進委員会委員(平成20年5月まで)
2004年8月 日本学術振興会特別研究員等審査会専門委員(平成18年7月まで)
2005年1月 electric Journal of Soft Materials, 日本ゴム協会, 編集委員(2010年頃まで )
2005年10月 NEDO ナノバイオ産業化戦略的ワーキンググループ(計測分野)委員(平成18年3月まで)
2006年6月 高分子学会広報委員会委員(2010年5月まで)
2007年1月 Reactive Polymer, Advisory Board
2007年1月 日本化学会代議員(関東支部)
2007年3月 独)科学技術振興機構科学技術振興調整費審査ワーキンググループ委員(平成19年7月まで)
2007年4月 独)科学技術振興機構シーズ発掘試験査読評価委員(平成21年3月まで)
2009年-現在 高分子学会代議員
2009年 次世代ナノテクノロジー融合戦略検討委員(2010年3月まで)
2010年-現在 Bulletin of the Chemical Society of Japan、日本化学会、編集委員
2010年-現在 Biointerphase, American Vacuum Society, Editorial Board
2010年-現在 Acta Biomaterialia, Elsevier, Editorial Board
2010年-2016年 バイオ・ナノテクフォーラム企画委員(インテリジェント材料・システム研究会 )
2010年-現在 日本酸化ストレス学会 評議員

2010年-現在 日本光力学学会運営委員
2010年-現在 高分子学会関東支部常任幹事 

2011年-2012年 第61回高分子学会年次大会運営委員

2012年-2015 高分子学会関東支部副支部長

2012年-現在 日本DDS学会 評議員

2012年-2013年 高分子学会関東支部茨城地区世話人代表 

2013年-現在 日本酸化ストレス学会 理事

2013年-現在 日本バイオマテリアル学会 理事

2014年-現在 化学フェスタ実行委員

2014年-現在 Biomaterials, Associate Editor

2015年-現在 日本DDS学会 理事

2016年-現在 Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Official Jornal of the Society of Free Radical Research, Japan, Editorial Board

2016年-現在 第70回酸化ストレス学会学術集会(2017年6月、つくば国際会議場、茨城)大会長

2016年-現在 Member of Annual Meeting Program Committee (AMPC), Controlled Release Society (CRS)

2016年-2016年 高分子学会第11回国際高分子会議(International Polymer Conference 2016)実行委員

2016年-現在 高分子学会第66回高分子年次大会(2017年5月、幕張メッセ、東京)運営委員長

2016年-現在 高分子学会関東支部支部長

2016年-現在 高分子学会 理事

2017年-現在 Board of Journal of Controlled Release

2017年-現在 環太平洋国際化学会議2020年(PacifiChem2020)国内実行委員

 


 ●受賞等

1988年12月 科学研究奨励助成(優秀学位論文)

1993年5月高分子学会高分子奨励金(現高分子奨励賞)

2010年9月2010年度高分子学会三菱化学賞

2014年11月日本潰瘍学会賞

2014年11月日本バイオマテリアル学会賞

2015年7月日本DDS学会 永井賞

2017年5月高分子学会賞

 

 

 


 ●学内委員等

2005年4月-2007年3月   主専攻主任

2006年4月-2008年3月   研究戦略室員

2007年9月-2009年3月   学務委員(予算委員、広報委員、セクハラ委員兼務)

2009年4月-2011年3月   学長補佐(産学連携担当)

2011年4月-現在 アイソトープ委員会運営委員

2013年4月-現在 アイソトープ環境動態研究センター アイソトープ基盤研究部門 兼担

2014年10月-2015年9月 数理物質系就職担当委員(副)

2015年10月-2016年9月 数理物質系就職担当委員

2016年4月-2017年3月 研究戦略室室員

2016年4月-現在 物質分子工学主専攻主任

 

 

 ●所属学会

 高分子学会(関東支部長、理事)、化学会、日本バイオマテリアル学会(理事・評議員)、日本酸化ストレス学会(理事・評議員)、日本光線力学学会(運営委員)、日本DDS学会(理事・評議員)、日本薬学会、日本癌学会、日本中性子療法学会、日本NO学会、日本消化器病学会、日本認知症学会、抗加齢医学会、American Chemical Society, Society for Biomaterials, Controlled Release Society, American Association for Cancer Research, American Society of Gene & Cell Therapy, European Renal Association-European Dialysis and Transplant Association

 

専門は高分子合成、バイオナノ界面の設計によるバイオマテリアルの創成など。

 

ご意見・質問等はこちら