■ 物質・材料コース Materials Science & Engineering
 佐々木 高義 Takayoshi Sasaki ( 物質・材料工学専攻 )
新しいナノ物質であるナノシートの探索・創製と、これをナノブロックとして積み木細工的に集積化、複合化することで優れた電子的、磁気的機能を有するナノ構造材料を合成することを目指した研究を進めています。
Synthesis of functional nanosheets as a new class of nano-materials and organization of the nanosheets into nanostructured integrated systems with a sophisticated electronic and magnetic properties.
 目  義雄 Yoshio Sakka ( 物質・材料工学専攻 )
セラミック微粒子のコロイド成形および焼結によりナノからマイクロオーダーまでの構造を制御する基盤技術を確立し、優れた特性を有する先端セラミックスを作製する研究を行っています。
Establishment of basic techniques for fabricating controlled structure from nano to micro-meter order through colloidal processing and sintering, and creating advanced ceramics with out-standing properties.
 陳  国平 Guoping Chen ( 物質・材料工学専攻 )
生体吸収性高分子や生理活性因子を用いて、多孔質構造及び表面構造を制御した、生体親和性に優れた機能性高分子生体材料の開発、及びこれらの材料の再生医療への応用。
Preparation of biocompatible and biofunctional polymer biomaterials with controlled porous and surface structures using biodegradable polymers and bioactive factors, and their application for tissue engineering.
 土谷 浩一 Koichi Tsuchiya ( 物質・材料工学専攻 )
形状記憶合金、医療デバイス材料、磁性材料、チタン合金等の金属系機能材料、構造材料の特性発現機構解明、ならびに加工プロセス・相変態を利用した多機能化、高機能化に関する研究。
Research on the development of metallic functional/structural materials, such as, shape memory alloys, medical device materials, magnetic materials and Ti alloys by phase transformation and deformation process, and to clarify the underlying physics and mechanisms of their functionality..
 宝野 和博 Kazuhiro Hono ( 物質・材料工学専攻 )
ナノ組織制御による磁性材料・スピントロニクス材料、永久磁石材料・軽量構造材料などの情報通信・エネルギー分野で使われる次世代金属系材料の開発とアトムプローブ等によるナノ組織の原子レベル解析。
Development of magnetic and spintronics materials for data storage and permanent magnets and light alloys for energy saving by controling nanostructures. The structure-property relationships of these materials with structure characterization by atom probe and TEM.
 田口 哲志 Tetsushi Taguchi ( 物質・材料工学専攻 )
生体組織を低侵襲で治療・再生する医用高分子材料および複合材料に関する基礎研究および組織接着剤、細胞接着剤、薬剤徐放性ステント等の医療デバイスへの応用を目指した研究を行っています。
Fundamental studies on the polymeric biomedical materials and their composites for minimal invasive therapy and application of these materials for biomedical field.
 橋本 綾子 Ayako Hashimoto ( 物質・材料工学専攻 )
透過型電子顕微鏡の観察手法やシステムの開発とそれらを用いた材料観察。特に、 環境・エネルギー材料のその場観察に向けたシステムの構築を目指している。
Development of transmission electron microscopy techniques and systems especinally for in-situ observation of energy and environmental materials.
 森 孝雄 Takao Mori ( 物質・材料工学専攻 )
構造的な秩序(トポロジー)が強く作用する化合物の原子のネットワーク構造配列の制御、新規材料創製、ナノ・ミクロ構造制御などをとおして、有用な熱電材料や電池材料などの環境・エネルギー材料の新規開発を行っています。
We focus on developing highly functional energy & environment materials, such as, thermoelectric and battery materials, through atomic network control, synthesis of new materials, nano/microstructure control of materials with strong structure-property relationships from their topology.