■ 材料物性 Materials Property
 宮崎 修一  Shuichi Miyazaki
原子配列、ナノ組織、組成などを制御することで、生体に優しい、より高温まで使える、ゴムのように柔軟、などの新しい機能をもつ超弾性合金や形状記憶合金、ゴムメタルの研究開発を行っています。
Development of shape memory alloys, superelastic alloys, gum metals, biomedical Ti-base alloys, etc. by controlling atomic arrangement, crystal structure, nano structure, alloy composition and heat-treatment.
 木塚 徳志 Tokushi Kizuka
ナノ構造個々の原子挙動を直接観察し、同時に電気的・機械的・光学的特性を解析できる「その場電子顕微鏡法」を開発している。この手法を応用し、原子ワイヤー、ナノ接点、および単一分子接合などのナノデバイスを研究している。
We have developed in situ transmission electron microscopy to study atomistic behavior and electrical, mechanical and optical properties of nanodevices, e.g., single-atom wires, nanocontacts and single-molecule junctions.
 金 熙榮  Hee Young Kim
生体用超弾性合金、低ヤング率・高強度チタン合金、高温形状記憶合金、ゴムメタル、マイクロアクチュエータ用形状記憶合金などの新合金の開発とナノ‐ミクロ組織制御による特性改善を行っています。
Alloy design, nano/micro structure control and characterization of novel alloys, biomedical superelastic alloys, gum metal, novel shape memory alloys for high temperature applications and microactuators.
 古谷野 有 Tamotsu Koyano
極低温と強磁場を使って鉄鋼など金属材料の基礎研究をしています。自動車用特殊鋼、水素プラント用形状記憶合金、磁性材料への応用を目指しています。
Phase transformation of alloys at low temperature in high magnetic field. Development of wear resistive high nitrogen steel for automobile application and cryogenic shape memory alloys.
 鈴木 義和 Yoshikazu Suzuki
太陽電池や環境浄化フィルターといったエネルギー・環境応用に向け、「低環境負荷・低コストプロセス」をキーワードに、1次元ナノ材料や3次元ネットワーク多孔体などの新しい無機材料の開発に取り組んでいます。
Towards energy and environmental applications, we are developing novel inorganic materials, such as 1D nanomaterials and 3D-network structured porous materials, under the concept of “environmentally-friendly and low-cost processing.”
 谷本 久典  Hisanori Tanimoto
新しい機能を有する金属材料の開発への応用を目指し、ナノメートルオーダの構造を持つ金属材料(超薄膜、ナノ結晶、非晶質合金、金属超微粒子)の作製及び物性評価を行っています。
Experimental studies of nanostructured materials such as nanocrystalline metals, ultrathin metallic films, amorphous alloys and ultrafine metallic particles.
 所 裕子 Hiroko Tokoro
金属錯体や金属酸化物を主な研究対象物質として、例えば光などの外部刺激に応答して光学的・磁気的・電気的特性が変化するなど、新規な物性現象を示す材料の開発を行っています。
The objective of our research is to develop novel materials with advanced light-responsive functionalities, accompanying changes of optical, magnetic, and electric properties. Metal complexes and metal oxides are the main target materials in our research.
 高橋 美和子 Miwako Takahashi
Ⅹ線、電子線及び中性子線を用いて磁性合金や化合物などの原子配列や結合状態を調べ、温度・圧力による構造変化(相転移)や物性変化との関係について研究しています。
Study on the relationship between the structural changes under temperature and pressure and physical properties from magnetic alloys and compounds by diffraction techniques.
 谷中 淳 Atsushi Taninaka
ナノプローブ顕微鏡と電子顕微鏡を組み合わせた、新しい複合型顕微鏡や計測技術を開発し、単一分子接合などのナノ構造の特性を解析するとともに、新奇機能を発現するナノ物質材料の開発を行っています。
I have developed a new combined microscopy of nanoprobe microscopy and transmission electron microscopy. I focus on the development of novel functional nanomaterials, such as, single-molecule devices.
 片浦 弘道(連携大学院)   Hiromichi Kataura (Cooperative Graduate School)
1993年につくばで発見された、単層カーボンナノチューブの優れた物性を活かした応用を目指し、精密構造分離による物性研究と新規デバイス開発を行っています。
We are investigating physical properties of single-wall carbon nanotubes which were born in Tsukuba in 1993, towards novel industrial applications utilizing there intrinsic high performance using our precise structure sorting technique.